バッテリー交換

バッテリーは消耗品


iPhoneのバッテリーは、永久に使えるわけではありません。使うほどに劣化し、最終的には一日に何度も充電するほどになります。最近iPhoneのバッテリーの減りが早いと思われたことはありませんか?様々なアプリやコンテンツを楽しむためには、バッテリーの残り時間がやはり気になります。
 

正しく整備されたiPhoneの充電回数は400回まで


充電回数も400回を過ぎる頃となると、フル充電しても劣化していると認識され、新品時の80%程度の容量までしか充電しないよう、バッテリー側の制御チップで抑制されます。100%充電表示になっても、容量が80%程度にダウンしているため、新品購入時よりもバッテリーの持ちが悪くなります。1日約1回充電するとしても、個体差や使用状況にもよりますが、概ね1年半~2年前後が交換の目安になります。リチウムイオンバッテリーの特徴として、劣化が進むと内部でガスが発生しバッテリーが膨らむ場合があります。バッテリーの膨張が進むと、思わぬ二次被害をを引き起こすことがあるので、膨張に気づいたときはできるだけ早めにバッテリーの交換をおススメします。劣化を防ぐには、継ぎ足し充電をしながら使い続けることです。iOSは残量20%を切ると注意を促すため、その表示を合図に充電を開始すればいいと思います。

バッテリーの劣化を早めるかも


    • 100%充電状態で充電器を繋ぎっぱなし
    • 残量がなくなるまで使用、使い切った後に長期間放置
    • 充電しながらゲームや動画の長時間操作
    • モバイルバッテリーの繋ぎっぱなし
    • 自動車内での充電

 
100%状態での充電のしっぱなしは、バッテリーの劣化を早めます。寝ている時間に充電するのは仕方ないとしても、平常時は100%になったらケーブルを抜くことを習慣化したいですね。
 
気温40℃以上の高温環境や、氷点下の場所でiPhpneを充電や保管をする場合、バッテリーの劣化が早まります。夏の熱い自動車の中は、50℃以上になる場合がありますので、間違っても車内に放置しないなど注意が必要です。
 


ガラス割れ液晶不良

ガラス割れ・液晶不良

バッテリー交換

バッテリー交換

充電できない

充電できない

水没した

水没した

各ボタンの不具合

各ボタンの不具合

相談は無料

 相談は無料