バックアップは簡単

転ばぬ先のバックアップ

iPhoneを購入したら設定することは色々ありますが、まずは「バックアップ」の設定。iPhoneのデータを、本体端末ではなく別の場所にも保存するものです。
バックアップの項目を設定していないと、iPhoneを失くした時や修理に出した時、調子が悪い時に、これまで保存してきた大切なデータをすべて失ってしまいます。ほとんどの方はデータを失くすと困るはずなので、万が一に備えてデータをバックアップしておきましょう。バックアップを行っていれば、ほとんどのデータをiPhoneに戻すことができますし、戻さないこともできるので選択肢が広がります。iPhoneでは簡易バックアップ、完全バックアップ2つの方法でバックアップが行えます。
※一部のアプリのデータはアプリ自身のバックアップ・移行機能を使う必要があります。
 

iPhoneをバックアップする2つの方法

iPhoneをバックアップには、iCloudを使う方法とiTunesを使う方法があります。
iCloudを使う方法は手軽ですが、iCloudに十分な空き容量がないと一部のデータがバックアップできません。また、バックアップされるデータは、予め決められた一部のアプリのデータに限られます。
iTunesを使う方法は若干手間がかかりますが、PCに空き容量がある限り、iPhoneのほとんどのデータをバックアップすることができます。
両方のバックアップ方法を同時に使うことはできず、どちらか一方になります。

iCloudで手軽に

 
設定アプリを開いて【iCloud】→【iCloudバックアップ】をオンにして【今すぐバックアップを作成】をタップ。
「前回のバックアップ」が直近の時刻になれば完了です。


自動でバックアップをしたい時は、次の条件を満たせばiCloudに自動的にバックアップが作成されます。
 

  • iPhoneが充電中である
  • iPhoneがロックされている
  • Wi-Fiに接続されている
  • iCloudに必要な空き容量がある

 
手動でバックアップしたい時は、設定アプリを開いて【iCloud】→【ストレージとバックアップ】→【今すぐバックアップを作成】をタップします。
 

iTunesで確実に

 
LightningケーブルをiPhone とPCに繋ぎiTunesを起動させる。左上にある【iPhone】アイコンをクリック。【概要】画面で【バックアップ】と呼ばれる部分を使います。【このコンピュータ】を選択。【iPhone のバックアップを暗号化】にチェックを入れパスワードを設定します。暗号化することでバックアップのデータを保護できるほか、iPhoneに登録されているアカウントのパスワードもバックアップできます。パスワードを忘れるとデータを復元できなくなるので要注意!パスワードを再設定する方法はありません。
 
パスワードの設定が終わったら以下の点を確認します。

  • 【このコンピュータ】を選択している
  • 【iPhone のバックアップを暗号化】にチェックが入っている

 
【今すぐバックアップ】をクリックするとバックアップが開始されます。

バックアップデータの復元方法

 
バックアップされたデータを利用したいiPhoneに復元させるには、iTunesがインストールされているPCが必要となります。(WindowsまたはMac)

作業を行うにあたり、現在iPhone内にあるデータはすべて上書きされます。またこの時点ではiPhoneとPCは接続しないでください。

  

  • iTunesを起動し、画面が表示された後、ライトニングケーブルでiPhoneとPCを接続します。
  • iTunes画面上にiPhoneのデバイス(アイコン)が認識されるのを待ちます。
  • iPhoneがiTunesにデバイスとして認識されたら、iPhoneのメニュー上より【バックアップから(を)復元】のボタンを押します。
  • 最新のバックアップデータを選択し、復元を実行します。
  • 復元作業が始まり、復元が完了するとiPhoneが再起動し移行作業が完了します。

 
バックアップされた時点までのアプリやデータが利用できますが、一部のアプリは手動でダウンロードしてください。また写真など、枚数がそれなりに多い場合、すべてが取り込まれるまで時間がかかる場合があります。