修理をしておく事で、お得にiPhoneが購入できる

各キャリアでは「下取りキャンペーン」をやっており、iPhone購入時に今使っているiPhoneを下取りに出すと、購入金額を大幅に下げることができます。一般的な中古買取り業者に売るよりも高値で買い取ってもらえる可能性だってあります。(あくまでも可能性です)
操作不能では下取りはたぶん不可能ですが、修理をしておく事で我慢せずに快適にiPhoneを使用でき、しかも購入時に下取りしてもらいお得に購入。下取りには条件がありますが、普通に使えるレベルであれば意外と大丈夫という感じです。(たぶん)
特にiPhoneの画面がひび割れていても下取りOKで、下取り金額に影響なし。しかしdocomoの画面割れ下取り価格は安い為、買取業者と比較してください。
 
修理をしておいた方がよいと考えられる計算方法は簡単です。キャリアを変更して乗り換えした場合も同様です。
「キャリアの下取り額」-「修理料金」=下取り額が高ければ修理をした方がお得
※注意点:修理をしておいた方が得なのか、注意点が幾つかあります。
 
1 今後、下取り金額が変更される可能性もあります。
2 今後、下取りキャンペーンが無くなる可能性もあります。
3 下取り条件があり、状態によっては修理していても下取り不可になる事もあります。
 
詳細は各キャリアのホームページで確認してください。
 
今お使いのiPhoneはいずれ機種変する時が来ると思います。一括購入した場合は別として、故障したときに分割払いの残債があと何回・いくら残っているか計算し、修理や機種変を検討してみてはどうでしょう?
ただし、故障や不具合はリスクが伴うこともお忘れなく。


各キャリアによる、下取り価格と条件

各携帯キャリアではiPhoneの下取りサービスを実施しており、このサービスでお得に新しいiPhoneを入手することができます。
 
どのキャリアでもiPhoneの買い取りには条件があり新機種購入時のみとなります。そのため、機種変更や新規契約時にのみ限定されます。


NTT docomo

「dポイントクラブ」または「ドコモビジネスプレミアムクラブ」に加入していることが必須です。
入会していなければポイントの付与先が無いため、必ず事前に加入しておきましょう。
 
・本体の購入代金未払いがない
・正規店で購入されたiPhoneである
・画面割れ・故障・水漏れ・破損がない
・正常に作動する
・脱獄など、改造を施していない
 
他社で購入したiPhoneやSIMフリーiPhoneでも同様の条件が適用されます。前回のキャリア買い取りから3カ月以上が経過している必要があり、台数も新機種1台につきiPhoneも1台まで。
 

[下取り金額] (2017/01)
 
iPhone6s Plus = 30,000円
iPhone6s = 27,000円
iPhone6 Plus = 25,000円
iPhone6 = 22,000円
iPhone5s = 22,000円
iPhone5c = 6,000円
iPhone5以前 = 1,000円
 
画面割れがある場合は3割程度の金額に下がってしまいます。 
 
郵送での買取を行った場合、買取金額が全てdポイントに還元され、さらに手数料1,200円が引かれます。
また他社キャリアで購入したiPhoneの買い取り金額も同様の金額となっています。


Softbank

2つの条件があり、
① 機種変更を行い、指定機種を購入すること。
② 機種変更前のiPhoneをソフトバンクで購入していることが必要で、査定を完了しておくこと。 
 
・製造番号(IMEI)が確認できる
・改造されていない端末である
・端末が正常に起動する
・初期化されている状態である
 
注意しなければならないのが、「査定前に端末を初期化する」という点です。初期化は簡単にできますが、必ずバックアップを取っておくこと。バックアップせずに初期化すると、機種変更や買い取りをキャンセルした時大変困るため、十分注意してください。

[下取り金額] (2017/01)
 
iPhone6s Plus = 36,000円
iPhone6s = 33,600円
iPhone6 Plus = 26,400円
iPhone6 = 26,400円
iPhone5s = 26,400円
iPhone5c = 12,000円
iPhone5 = 12,000円
iPhone4s = 7,200円
iPhone4以前 = 2,400円
 
買取金額の受け取り方法は、毎月の通信料金から割引、ソフトバンクカードへのチャージのどちらかを選ぶ必要があります。


au

対象機種を3カ月以上の期間で使用されていることが絶対条件。
 
・電源が正常に入り、起動する
・正しく充電される
・暗証番号などが解除されている
・製造番号(IMEI)が確認できる
・改造されていない端末
・水濡れシールに反応が無い
 
また直接店舗に行かなくても、郵送による下取りサービスを行っています。申し込むことで自宅に郵送キットが届き、機種変更を行う翌月末までに下取りされる端末を郵送するだけでOK。端末が到着してから2週間程度で、au WALLETポイントに下取りされた金額が反映されるようになります。毎年新機種が登場しており、その都度機種変更を行う人ならば自宅に居ながら全てが完結するサービスとなっています。

[下取り金額] (2017/01)
 
iPhone6s Plus = 35,640円
iPhone6s = 32,400円
iPhone6 Plus = 27,000円
iPhone6 = 24,840円
iPhone5s = 22,680円
iPhone5c = 11,880円
iPhone5 = 11,880円
iPhone4s = 6,480円
 
買取金額が少し低く設定されていますが、全て「au WALLET」にチャージされます。
1ポイント=1円で利用できるため使い勝手が良く、「au Online Shop」での様々な買い物に使用できます。
また「au WALLETカード」があれば、全国のマスターカード加盟店で貯めたポイントを使用できるため、その便利さは他のキャリアにはありません。


下取りに関して共通して言えることは、
 

  • 初期化ができること。
  • 水没していないこと。
  • 改造されていないこと。
  • 端末が正常に起動・操作・充電ができる。
  • ドコモ以外は、画面が割れていても、本体に傷が多くても額面通りの金額で買い取れること。
  • 買取金額は基本的に現金ではなく、キャリアのポイントや通信料金の割引に充てられる。

 
下取りは本体だけあれば可能ですが、誰もが気にするのは、iPhoneの水没判定でしょう。iPhoneを下取りに出す前に、キャリアが買い取ってくれるのかを自身でチェックしましょう。過去に水没していた場合は慎重に確認して下さい。
 
買取金額は常に変動するため、最新のiPhoneの買取価格は各ショップで問い合わせてください。