クイックリペアは、階段上がって3階です!

iPhoneの空き容量が…ない!

iPhoneの空き容量が…ない!

「設定」→「一般」→「情報」を見てください。「容量」が何GBで「使用可能」が何GBかわかります。まさかとは思いますが、この使用可能容量が極端に少ないと、写真が保存できません。LINEに不具合が出ます。iOSのアップデートができません。困りごとが起こる前に、たまにはチェックをしてください。

空き容量が不足した時、空き容量を増やす方法

Googleフォトをインストールする

iPhoneだけでなく、PCやタブレットでも使えるGoogleフォトは、無料で写真や動画をオンライン上に無制限に保存できます。写真を保存したら、Wi-Fi環境ですべてアップロードしておきましょう。Googleフォトをインストール後アプリを開き、画面左からタブを開き、「端末の空き容量の確保」をタップすれば、iPhoneに重複して保存された写真を削除しつつ、オンラインにバックアップをしてくれます。
Googleフォトにバックアップしておけば、iPhoneの「写真」アプリに保存しておく必要のない写真はどんどん消していくことができ、空き容量も増えます。

マイフォトストリームを利用しない

この機能をオンにしていると同じ写真が重複して写真アプリに保存されます。特に必要がなければオフにしましょう。「設定」→「写真とカメラ」→「マイフォトストリーム」を選んでオフにしましょう。

HDR機能は2種類の写真を保存するので無駄

HDR機能をオンにすると、綺麗な写真をとることができますが、HRD機能を使って撮影した写真データと使わずにとった写真データが保存されてしまいます。「設定」→「写真とカメラ」→「通常の写真を残す」をオフにした方が容量を節約できます。

Live PhotosをOFFにする

この機能は、写真撮影の際にシャッター切る前後の1.5秒ずつを動画で記録する機能で、写真だけど動きのある記録が可能な機能ですが、このシャッター前後の動画部分はストレージを多めに消費します。意識して前後を動画保存したい場合を除いて、「Live Photos」をOFFにする事でストレージの消費を減らすことができます。
「Live Photos」は、機能「ON」がデフォルトであるため、撮影の際にOFFにしても次の撮影時にはONに戻っています。「設定」→「カメラ」→「設定を保持」→「Live Photos」の機能OFFを維持する設定が可能です。

ブラウザキャッシュを消去する

「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ。ChromeやFirefoxなど利用しているブラウザのキャッシュも同様に消去した方が容量を節約できます。

アプリの自動アップデートを無効にする

自動アップデートは自分の意図しない時に始まり、バッテリーも消費します。自分の都合の良いタイミングで手動でアップデートするようにしましょう。「設定」→「iTunes Store と App Store」→「アップデート」をオフ。

不要なアプリを削除する

使っていないアプリがあれば思い切って削除しましょう。本当に必要な時に後でダウンロードすればいいと思います。「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」でアプリ一覧が表示されるので、どのアプリがどのくらいの容量を使っているかが確認できます。しばらく使っていないアプリを選んでタップすれば簡単に削除できます。

Googleマップのキャッシュを消す

Googleマップアプリの画面左上「≡」ボタンをタップ。「設定」→「概要」→「利用規約」→「プライバシーポリシー」→「アプリのデータを消去」

LINEのキャッシュや不要データを消す

LINEアプリのホーム → 設定(歯車マーク)→ トーク → データの削除。

とりあえず急ぎで…

「iTunes Store」で映画レンタルをします。実際にレンタルする必要はありません。「iTunes Store」の下段のタブから「映画」を選び、何でもいいので適当な映画を選んでレンタルをタップ。購入かキャンセルするか表示されるので、キャンセルをタップ。
これでiOSが自動的に不要なキャッシュデータを消去して、映画をダウンロードするための空き容量を確保してくれます。キャンセルなので、料金を払う必要は一切ありません。(実際にレンタルすると支払い義務が生じます)