クイックリペアは、階段上がって3階です!

そのiPhone、「iOS13」にアップデートできますか?

WWDC2019

Appleで毎年行われている「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference 2019)」において、今秋、iOSの最新版「iOS13」の機能と対応機器について発表されました。

「iOS13」へアップデートできる機種

「iOS13」へアップデートできる「iPhone」はどの機種でしょう。

機種 プロセッサ 発売月
iPhone Xs Max A12 2018年9月
iPhone Xs A12 2018年9月
iPhone XR A12 2018年10月
iPhone X A11 2017年11月
iPhone 8 Plus A11 2017年9月
iPhone 8 A11 2017年9月
iPhone 7 Plus A10 2016年9月
iPhone 7 A10 2016年9月
iPhone SE A9 2016年3月
iPhone 6s Plus A9 2015年9月
iPhone 6s A9 2015年9月

「iOS13」は、A9以降のプロセッサを搭載したiPhoneに対応しています。「iOS13」を使うには、最低でもA9プロセッサ、メモリ2GB以上搭載している必要があります。

「iOS13」へアップデートできない機種

機種 プロセッサ 発売月
iPhone 6 Plus A8 2014年9月
iPhone 6 A8 2014年9月
iPhone 5s A7 2013年9月

上記機種は、「iOS12」まで利用することができますが、2019年秋に登場する「iOS13」をインストールすることはできません。

「iOS13」のリリース後は「iPhone 6」以前の端末を利用することは、利用できるアプリも限度があり、セキュリティの面でも安全とは言えないため、機種変をおススメします。

「iOS」は毎年秋、最新機種の発売直前に登場し、リリース後1年間かけて、マイナーアップデートが繰り返されます。ひとつ前の「iOS11」は、1年間でなんと15回のマイナーアップデートがありました。毎回多くのマイナーアップデートでセキュリティの脆弱性を埋める更新があります。

「iPhone5s」「iPhone6」は2019年の秋までは安全に使う事ができますが、秋以降では「iOS」はサポートされなくなるため、セキュリティーを考えると使うべきではありません。

全く使えなくなるわけではなく、「使いづらくなる」ということです。

スマホ決済を行っているユーザーは買い替え必須に

新しい「iOS」が登場すると、iPhoneで利用しているアプリの多くは「iOS」に合わせて対応する必要があります。アップデートしなければアプリで誤動作、または挙動不審が起きやすくなります。

最近では便利なスマホ決済を利用している方も増えています。

「LINE Pay」「PayPay」「楽天Pay」などは「iPhone6」で利用できるため、スマホ決済やクレジットカードの登録、iPhoneで通販サイトから買い物をする方は、古い端末を使う事は非常に危険です。(「メルペイ」は「iPhone7」からの対応なので問題ありません)

「iPhone5s」や「iPhone6」を今利用している方は、2019年の秋頃にはもしかしたら買い替える必要があるかもしれません。