クイックリペアは、階段上がって3階です!

iPhoneを失くしたら、速攻でやること

紛失モード

今お使いのiPhoneには、個人情報がたっぷり保存されていると思います。このiPhoneを失くした、盗まれた、行方不明になったなど、えらいことになります。

そんな時のために、iPhoneには遠隔操作で「紛失モード」にする方法があります。「紛失モード」になったiPhoneは、画面に予め設定したメッセージと連絡先が表示されます。

また、そのiPhoneの画面では電話だけは受けることが可能で、LINEやSNSなどの通知は表示されません。さらに、Apple Payも無効になるため、勝手に使われる心配がありません。

運よくiPhoneが戻ってきた場合は、パスコードを入力することで、簡単に解除できます。

個人情報を守るためにも、iPhoneを失くした、盗まれた、行方不明になった場合は、すぐに「紛失モード」にしましょう。

その後キャリアに紛失したことを伝え、通信通話を止めてもらい、交番に紛失届を出しましょう。

iPhoneを、常に探せる状態にしておく

設定を開くと、一番上の自分の名前が表示されている部分をタップし、次の画面で「iCloud」をタップします。さらに「iPhoneを探す」をタップし「iPhoneを探す」をオンにします。

この設定をする事で、失くしたときに別のiPhoneやPCから、ご利用のiPhoneがどこにあるのか探せる状態になります。

iPhoneがどこにあるのか探そう

iPhoneを探すためには、「PC」または「別のiPhone」が必要となります。

端末を持っていない場合は、仲の良い友達のiPhoneを借りて探す事もできます。今回はiPhoneで「失くしたiPhone」を探す方法を紹介します。

「iPhoneを探す」というアプリを起動します。このアプリはiPhoneに初めから入っていて消す事のできないアプリです。どこにあるのか見つからない場合は、iPhoneの検索バーで検索すればすぐに発見できます。

「iPhoneを探す」を起動したら、「失くしたiPhone」の「Aoole ID」と「パスワード」を入力。

サインインすると、そのIDを使用している端末の一覧と現在地が地図とともに表示されます。探したいiPhoneをタップすると地図が拡大され、端末がどこにあるのか、詳細な場所がわかります。

地図上を移動している時は、その端末が徒歩か車か電車で移動していることになります。

紛失モードにする

地図上にあるiPhoneのアイコンをタップすると「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」のボタンが表示されます。

サウンドを再生

タップすると、失くしたiPhoneから大きなアラート音が鳴ります。部屋の中で失くしたときなどに便利です。

紛失モード

失くしたiPhoneにロックをかけ、個人情報にアクセスできないようにします。

iPhoneを消去

最終最後の手段です。失くしたiPhoneは初期化され全データが削除されます。iPhoneを探す事もできなくなります。

「紛失モード」をタップ。次の画面で「紛失モードをオンにする」をタップ。失くしたiPhoneにパスコードが設定されていない場合は、パスコードを設定する画面が出るので、任意の数字を入力しましょう。

このパスコードは、iPhoneが戻ってきたときに「紛失モード」を解除するためにも使用するため、絶対に忘れないでください。(パスコードが設定してある場合はこの作業は必要ありません)

次に、このiPhoneを見つけて頂いた方に伝えるため、連絡してほしい電話番号を入力しましょう。この番号は失くしたiPhoneの画面に表示されます。自宅や会社の番号を入力しておけば見つけた人が連絡してくれるかもしれません。ちなみに、入力しなくてもOKです。

次に、見つけて頂いた方にどうしてほしいのか、メッセージを入力します。電話番号を入力した場合は「連絡をください」の旨を入力すると良いでしょう。

右上の「完了」をタップすると設定終了です。

紛失モードになったiPhoneには、先ほど設定したメッセージと電話番号が表示されます。また、SNSやLINEなどの通知が表示されなくなるので、読まれる心配もありません。

紛失モードの解除は「運よく戻ってきたiPhone」でパスコードを入力するだけで解除できます。

iPhoneを失くしてしまったときに、少しは安心できる「iPhoneを探す」。

同じ方法で、Appleのワイヤレスイヤホン「Air pods」や腕時計型デバイスの「Apple Watch」も探せます。

使い方を覚えておくと、もしものときに慌てずに済みます。暇なときに練習してみてください。