Quick Repair Annex

iTunesのバックアップ先を変更する方法

iTunesのバックアップの保存先は変更できる

iPhoneに保存しているデータ容量が多くなると、iTunesでデータのバックアップする時、PCの容量が圧迫されます。
iTunesのバックアップデータの保存先は「Cドライブ」の指定の場所に固定されているため、通常ではCドライブ以外にデータを保存することができません。

しかし少し手を加えてあげることで、特別なソフトを使わず、iTunesのバックアップ先を「Cドライブ以外」に変更する方法があります。

具体的な設定の手順

「デスクトップ」>ユーザー名>「AppData」>「Roaming」>「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」
という順でデフォルトのバックアップフォルダを表示します。

「Cドライブ以外」のドライブや外付けHDDで、新規保存先を作成する。
>元の「Backup」フォルダーを丸ごと新規保存先にコピーします。
今回は「Dドライブ」に「iPhone Backup」というフォルダを作成。

 

コピーが終わったら、元のCドライブの「Backup」フォルダは削除します【これ大事。必ず削除】
削除が怖い方は「Backup_old」のように、フォルダ名を変更するだけで大丈夫です。
ポイントは「MobileSync」フォルダ内に「Backup」という名前のフォルダが存在しないようにすること。

コマンドプロンプトを起動する

スタートボタン>「プログラムとファイルの検索」で「cmd」と入力
> 表示された「cmd.exe」アイコンを右クリック
> 「管理者として実行」をクリックしてコマンドプロンプトを起動します。

「mklink /d "C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup" "D:\iPhone Backup\Backup"」と「」内を入力。
> Enterキーを押す
> 「~シンボリックリンクが作成されました」と表示されると成功です。

 

元のフォルダに「Backup」というリンクが作成されているか確認してください。
変更先にした「iPhone Backup」フォルダが表示されているはずです。

 

試しに、通常通りiTunesで暗号化してPCにバックアップ、および復元をしてみてください。

PCの空き容量不足は解決

理解できれば、変更作業自体は3分~5分で完了します。

バックアップ先を自由に選択でき、PCの空き容量不足の問題を解決できるはずです。

自信がない方は、「お問い合わせ」もしくは、PC持参でご来店ください。