Quick Repair Annex

お風呂で使っても平気?

iPhoneってホントに防水なの?

iPhoneは、水の侵入を防ぐ「防水」機能や、チリ・ホコリなどの侵入を防ぐ「防塵」機能に対応しています。
その防水・防塵性能を表わす指標として、「IP67」や「IP65/IP68」といった表現が使われています。
とは言え、お風呂で使えるのか、水没しても大丈夫なのか、雨の降る中で使っても平気なのか、心配な方も多いのではないでしょうか。

 

iPhone 6s/6sPlus 一応防水(未発表)
XS / XS Max・・・IP68等級 水深2メートルで最大30分間の耐水性能
7 / 8 / X / XR・・・IP67等級 水深1メートルで最大30分間の耐水性能

防水性能の「IP○○」って何?

「IP○○」とは「IPコード」と呼ばれるもので、「国際電気標準会議(IEC)」が規定した防水・防塵性能の等級を表わすものです。日本でも「日本工業規格(JIS)」が採用しており、国内の製品でよく使われています。

 

「IP」のあとに続く2ケタの数字は、前の数字(第一記号)は防塵性能の等級、うしろの数字(第二記号)は防水等級を表わしています。

 

iPhone 7/7 Plusの防水・防塵性能は「IP67」ですので、防塵に関する等級が「6」で防水に関する等級が「7」ということがわかります。

防水性能を過信してはいけない

iPhoneの防水性能が高いことから、「お風呂で使える!」「海の中で写真が撮れる!」と思う方がいるかもしれません。しかし防水性能は絶対に安心というわけではなく、単なる目安でしかありません。

Appleは防水・防塵性能をアピールしていながら、水濡れによる故障は保証しないと発表しています。一応Appleは防水ではなく耐水と記載しているので「過度に期待するのはやめてください」ということなのでしょう
また浸水テストでは「常温での真水」が使われるため、海水、お湯、真水以外の液体は対象外です。海水は塩分たっぷり、お風呂は常温ではなく温度が高い、コーヒーやお茶は真水ではない。

 

常識的な使い方であれば壊れることもないですが、あらゆる状況で完璧な性能を発揮できるわけではないことを覚えていてください。

iPhoneはポケットに入るほどの電話もできる小さなコンピューターで、超精密機器です。ノートパソコンも超精密機器です。ノートパソコンをお風呂に持ち込みますか?まさかねぇ。

 

お風呂でリラックスしながら使うの構いませんが、湯気、蒸気、汗でも水没・水浸になる事も良くあることをお忘れなく。