Quick Repair Annex

充電ができなくなった

バッテリーは消耗品

多くのiPhoneユーザーが「充電ができなくなった」と、当店に来店されます。

 

単純にバッテリーが劣化しただけなら交換で済みますが、極端に寒い季節や寒冷地では、寒さによる電圧の低下も原因として考えられます。ただiPhoneの場合、この症状が一旦出ると、適切な温度に上昇した後でも充電が開始されないというケースが稀にあるようです。この場合は一旦端末を再起動させるか、充電ケーブルの抜き差しをして見ましょう。

 

iPhoneが問題なく動作する温度環境は零度~35度とのことですが、バッテリーが劣化をしていると、この範囲内でも正常に動作しない場合もあるようですが、一概にバッテリーの劣化だけが原因とも言い切れません。

 

iPhoneは一旦冷えると温かい室内に入っても適切な温度に戻るまで時間がかかることもあります。寒い外から帰ってきてすぐに充電できない場合は、とりあえずはしばらく待った上で上記の方法を試してみましょう。