クイックリペアは、階段上がって3階です!

Apple Payに各種デビットカードは登録できるのか?

デビットカード

デビットカードは?

原則、特定のデビットカード以外はできません。

デビットカードとは、「VISA」「MasterCard」「JCB」などと提携した銀行が発行するカードのことで、発行に審査が不要なため小学生でも持つことができます。

口座にある残高の範囲内であれば、クレジットカードと同じように店舗での支払いやネットショッピングの決済を行うことができるため、お金の使いすぎの心配がないカードです。

クレジットカードと比較すると決済できない店舗やサービスもありますが、キャッシュレス化が進む今では、多くのサービスに対応しているため、普段使いで利用するのであれば持っていて絶対に損はないカードだと思います。

ところが、こんなに便利なデビットカードが、Apple Payにはほとんど登録できないんです。

でも、「モバイルSuica」経由なら各種デビットカードが登録できます。

「モバイルSuica」は最強のキャッシュレス決済!

「iPhone7」以降の機種であれば、Walletアプリに登録できますが、チャージをするためにこのデビットカードを登録しておけば、わざわざ駅の券売機でチャージする必要がありません。

しかもコンビニや駅の売店、自動販売機などで必要なものが「モバイルSuica」で買い物ができます。

ただし、クレジットカードと違って「オートチャージ」ができないため、残高が少なくなったときは、デビットカードから必要な金額だけチャージしておけば、改札機を通過する時に「ピンポ~ン」と鳴らずに済みます。

頻繁に「モバイルSuica」を使う人にとっては、ついついチャージし忘れてしまう方もいるかもしれませんが、「モバイルSuica」に対応している「iPhone」をお持ちでしたら、ぜひぜひお試し下さい。

クレジットカードがないので便利な「モバイルSuica」ができない!と諦めてしまった人も多いと思いますが、今は諦めることはありません。

「モバイルSuica」は電車やコンビニだけではなく、多くの店舗で利用可能なため、日本では最強な「キャッシュレス決済」だと思います。

「モバイルSuica」を普段から活用して、カンタン便利なキャッシュレス生活を送ってみよう!(できるかな)