クイックリペアは、階段上がって3階です!

iPhone パスコードの重要性

iPhone パスコードの重要性

パスコードを設定していない方は、害悪しかない

お使いの端末は、個人情報の塊です。友人・知人・家族・兄弟などの名前や住所、電話番号まで…。もしかすると、お金に関わることまでも。そのような個人情報を、他人に知られて悪用されてもいいのでしょうか。

たとえて言うなら、玄関の扉を施錠していない、窓にカギをしていない、誰でもどうぞ無料で大事なものを持って行ってください、と言っているようなものです。自分だけならまだしも、友人・知人・家族・兄弟などにも、迷惑が掛かります。

他人に知られては困るデータが保存してある場合は、今すぐ端末にパスコードを設定しましょう。

端末にパスコードを設定しておくと、その端末に保存されているすべてのデータは「暗号化」されます。たとえ「紛失」や「盗難」に遭い、保存されているデータを吸い出し見ようとしても、パスコードを解除しない限り、何が書いてあるのか全く分かりません。またパスコードを設定したら、出来る限り、「指紋認証」や「顔認証」を面倒がらずに設定し、積極的に利用しましょう。

パスコードを忘れてしまった

とかく便利な「指紋認証」や「顔認証」を長い間使用していると、設定したパスコードを忘れがちになります。万が一、パスコードを忘れてしまった場合は、端末を初期化する以外、方法はありません。また端末を初期化するには、PCが必要になります。絶対にパスコードを忘れないでください。必ず泣くことになります。

自動でデータを消去するのが安心・安全

万が一「紛失」や「盗難」に遭い、端末に保存されているデータを見たくても、パスコードを入力しなければ、見ることはできません。
また、10回連続で間違ったパスコードを入力してしまった場合、それ以上は入力することができなくなり、一切使用できなくなります。再度端末を使用するのであれば、端末を初期化する以外、方法はありません。

実はPCが無く端末だけでも、設定画面から初期化できます。
iPhoneの設定で「データを消去(パスコードの入力に10回失敗するとこのiPhone上のすべてのデータが消去されます。)」という設定を「オン」にしていた場合は、パスコードの入力を10回連続で間違えた時点で、保存されているすべてのデータが強制的に消去され、初期化されます。
初期化されても、AppleIDを設定してあれば、このIDと紐づいているため、パスワードを知らなければアクティベート出来ず、使用することは全く不可能となります。つまり、売却することもできない、ただのゴミとなります。

使用している端末には、パスコード、AppleIDおよびそのパスワードの設定を必ずしておくようにしましょう。