クイックリペアは、階段上がって3階です!

暴走するiPhone!?

暴走するiPhone!?

ゴーストタッチとは

ゴーストタッチとは、iPhoneのタッチパネルに触れていないのに勝手に操作をしてしまうといったものです。

触ってもいないのに勝手にアプリが起動したり、画面が次から次へと動き出したり、勝手に電話を掛けたり、意図しない文字を打ち込んだりします。なかにはiPhoneが暴走し、触れなくなってしまうといったものもあるようです。

iPhoneの液晶画面をタッチしても、反応しないまたは誤作動すると、日常生活にかなりの支障が出てストレスになります。もちろん、物理的に壊れていたら修理するしかありませんが、タッチパネル自体に問題なく、システム障害による不具合である場合もあります。

ゴーストタッチが起こる原因

液晶パネルの不具合:iPhoneを落としたことによる液晶パネルの損傷

液晶パネルに問題がある場合は、iPhoneを落としてしまった時に出来たガラス割れが原因になっていることが多いです。画面が割れていたりすることが原因なのはもちろんですが、細かい傷でも稀に誤作動してしまうこともあります。

ソフトウェアの不具合:iOSの不具合

ソフトウェア不具合の場合は、iOSのアップデートをしていないことが原因になっていることもあります。長い間アップデートをせず、あまりに古いバージョンのままだと、誤作動を起こしやすくなります。

端末の不具合:熱暴走や近くにある家電など

端末の不具合の場合は、iPhoneを充電しながら使用することによる熱暴走が原因で、システムの不具合を引き起こしてしまっていることも…。また、磁気の強いスピーカーや電子レンジの近くに置くと不具合を起こしやすくなります。

放置しておくと危険かも

ゴーストタッチが起きていても、「このぐらい大丈夫だろう」と放っておくのは危険です。iPhoneに「パスコード」を設定している場合は特に注意が必要です。

ゴーストタッチによって、パスコードが誤って入力され続けてしまうと、最悪の場合iPhoneが使えなくなってしまうことがあります。

画面の点灯 → パスコード画面表示 → 勝手にパスコードを打ち込む

10回間違えるとiPhoneの初期化しかありません。修理に出しても直すことはできないので注意が必要です。暴走したと思ったら、すぐに電源を切るか、パスコードを解除してください。パスコードを解除することで、最悪の結果は回避できます。