クイックリペアは、階段上がって3階です!

「Face ID」が使えない原因は…

「Face ID」が使えない原因は…

ボタンのないiPhone X以上の機種は、この「Face ID」の機能が使えないと、結構使いづらいと思われます。

「Face ID」の機能は様々な部品と紐づけされているため、落としたりぶつけたり、そうでなくても自然な故障などになると、原因がなかなか特定できない場合もあります。

「Face ID」が使えなくなる主な原因は、「アウトカメラ」または「インカメラ」の故障の可能性があります。

「インカメラ」の故障:

「True Depthカメラで問題が検出されました。Face IDが無効になっています」とメッセージが表示され、顔認証の設定ができなくなっています。

「アウトカメラ」の故障:

「このiPhoneでFace IDをアクティベートできません。」と表示されますが、「Face ID」は設定ができます。

「インカメラ」の故障の場合は、残念ながら改善する見込みはありませんが、「アウトカメラ」に原因がある場合、カメラを仮付けして改善するかチェックをすることも可能です。