クイックリペアは、階段上がって3階です!

「iOS」をアップデートできない!

「iOS」をアップデートできない!

iPhoneに搭載されている「iOS」は、機能の追加、バグ、不具合、脆弱性などの修正のため、定期的に更新が行われます。しかし、最新のバージョンにアップデートしようとしたけど、何故かできない時があります。なぜ?

「iOS」をアップデートできない主な症状

  • 端末の空き容量が不足している
    • ビデオや写真などの保存されているデータが多すぎ、空き容量を圧迫したため。
    • 緊急を要します。不要なデータを可能な限り削除する、または別のストレージにデータをコピーして、端末の空き容量を増やしてください。
  • アップデートのダウンロードに時間がかかる
    • Wi-Fiの回線速度が遅すぎる可能性もあります。
    • その場で繋がっているネット環境の見直しをしてみる。毎回時間がかかるようだと、回線又はルーターの交換が必要かも。
  • アップデートサーバに接続できない
    • 何らかの理由で、サーバーが混雑している可能性もあります。
    • 土曜・日曜、または緊急性のあるアップデートはアクセスが集中するため混雑します。時間を空けてから再度チャレンジしてみましょう。
  • アップデートがなかなか終わらない
    • 端末側、サーバー側、どちらかに不具合があるかもしれません。
    • ネット環境、機種などの条件により、アップデートにかかる時間はそれぞれ変わります。一旦強制リセットして、再度チャレンジしてみましょう。

iPhone端末でアップデート出来ない場合は、PCにあるiTunesに繋いでアップデートをお勧めします。それでもアップデートできない場合は、PCのiTunesを使ってデータをバックアップ後、「アップデートと復元」を試してみましょう。

当店ではこのような作業もほぼ無料で行っております。ぜひご相談ください。