クイックリペアは、階段上がって3階です!

あなたの位置情報はバレている!

あなたの位置情報はバレている!

iPhoneにはGPS(Global Positioning System)が内蔵されており、端末がある場所の位置情報を取得できます。

スマホは肌身離さず持ち歩くものなので、iPhoneの位置情報 = 自分の位置情報とも言えます。この位置情報が日付・時間と一緒になった「行動履歴」として、iPhoneに自動的に記録されています。
この設定はデフォルトで「オン」になっているため、自宅や会社、立ち寄る頻度の多い場所などはiPhoneに記録されていきます。知られたくない場所、内緒で行きたい場所まで、容赦なく記録されていきます。

もちろん、データは暗号化された状態で保存され、地図や交通情報、写真の整理などの用途に利用されます。iPhoneを便利に使う為には、ある程度プライバシーを提供するのは仕方のないことなのかもしれません。

しかし、どのように保存されているのかを知らないままiPhoneを使い続けるのは、あまりいい気分ではありません。あなたのiPhoneに記録された、行動履歴の一覧・詳細を確認する方法、行動履歴を削除する方法を教えます。

探し方と削除方法を知っておけば安心

[設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]
→[システムサービス]→[利用頻度の高い場所]

Face IDやTouch ID、パスコードで認証すると、ズラーーっとあなたのよく行く場所が表示されます。

さらに場所を選択すると、地図まで表示され詳細まで分かります。地図上にそこにいた場所、日付、時間帯が表示され、かなり絞り込まれた情報が分かります。

[利用頻度の高い場所]の[履歴を消去]をタップすれば、すべて削除できます。また、場所ごとに左にスワイプすれば、個別に削除ができます。

位置情報サービスを「オフ」にすると、本来便利であるはずのiPhoneの使い勝手が悪くなるため、見られたくない履歴がある場合は、上記の方法で削除するようにしましょう。

自分以外にiPhoneのパスコードを知っている人がいる場合は、行動履歴を見られる可能性があるかも…。悪いことはできません。