クイックリペアは、階段上がって3階です!

[iOS14]「背面タップ」がかなり使える

[iOS14]「背面タップ」がかなり使える

iOS14から「背面タップ」という機能が追加されました。

iPhoneの背中をたたくことで、「アクセシビリティ」機能がめちゃくちゃ便利に使うことができます。

一発で機能するため、これはかなり便利です。

「背面タップ」を有効にする方法

「背面タップ」を有効にするには、以下の手順でどうぞ。

「設定」「アクセシビリティ」「タッチ」「背面タップ」をオンにする

「背面タップ」を有効にする方法

「背面タップ」の機能

「背面タップ」で、以下の機能を起動することができます。

  • アクセシビリティのショートカット
  • アプリの切り替え画面
  • コントロールセンター
  • ホーム
  • ロック画面
  • ミュート
  • 通知センター
  • 簡易アクセス
  • スクリーンショット
  • シェイク
  • siri
  • スポットライト
  • 音量(上げる・下げる)

などなど、まだまだたくさんあります。

それぞれ「ダブルタップ」もしくは「トリプルタップ」で、機能を割り振ることができます。

「ダブルタップ」で通知センターを呼び出したり、「トリプルタップ」でコントロールセンターを、一発で起動させることができます。

片手で、しかも一発起動です。

合わせて「AssistiveTouch」も起動しておけば、片手で完結することが多くなります。

ものぐさ君にとっては、たまらない機能ですね。

ちなみに検証機である当店の「iPhone 8」では、

  • 「背面タップ」(ダブルタップ)⇒コントロールセンター
  • 「AssistiveTouch」(シングルタップ)⇒スクリーンショット

上記を割り当てています。かなり使い勝手がいいため、重宝しています。ふふふ。